保険節約

イザという時に必要なお金はいったいいくらなのかを知ること

保険は長く断続し支払い続けるものです。そのため一般的に保険は家の次に高い買い物とよく言われています。
保険は高い買い物ですが、あるポイントを見極めさえすれば保険を節約できます。そのポイントというのは、現在、加入している保険の保障額がいったいどれくらいあるのかを知ること。
そして、その保障額が現在のあなたの生活に合っているのか見極める事がポイントです!

 

保険節約のポイント節約のコツ!現在加入している保険の保障額を知り、その保障額が妥当なのか見極める

 

保障額の見極めが保険節約の大切なポイントです!

 

※●●● = 保障額

 

保障額とは

いわゆる必要保障額についてご説明します。もしもの時に必要なお金を、保険業者が用意してくれるお金の事を保障額といいます。保険業者が保障してくれるお金です。この保障額は人によって様々です。
独身、結婚、子持ち、マイホーム購入者と、生活ステージが異なると、保障額も当然変わりますし、個人の貯蓄や資産によっても変わります。

 

保険節約のポイント節約のコツ!必要保障額は人それぞれ違う!10人いれば10通りの必要保障額がある

 

まずは、あなたの今の必要保障額を知る事が大切です。

 

あなたの必要保障額と保険の保障額の差を埋める!

今、現在、あなたにもしもの事が起こったら・・・。必要なお金はいくらかご存知ですか?
もし、あなたが病気になり入院したら・・・、もし、あなたが事故で亡くなったら家族に必要なお金は・・・。
もしもの事を考えるとキリがないように思えますが、ある程度の額を知っておく事は重要です。

 

生命保険を例に考えますと、もし、あなたが亡くなられた場合、残された家族に必要な保障額は以下のように計算できます。

 

保険の必要保障額

 

まだ子供が小さい場合、子供が成人し、独立するまでの資金、月々の家賃(ローン)、生活費・・・と必要な金額を試算します。
そこから、個人の貯蓄、年金、毎月の収入を、必要な金額から引いた残りが、保険会社に保障してもらう額(図の赤い部分)になります。

 

この計算をキチンとできれば、無駄な保障額を支払う必要はなくなります。結果、保険の節約につながります。

 

保険節約のポイント節約のコツ!現在の保障額を計算してみる!

 

 

とは言うものの、今のあなたにピッタリ合った保障をしてくれる保険商品を探すのは大変です。
この場合、保険のプロに相談するのが絶対おススメです。

 

複数の保険商品をあつかうプロのファイナンシャルプランナー(FP) に相談するのがお得

自身の今の必要保障額は、なんとか計算できても、今のあなたにピッタリな保険商品を探すのは大変です。
そこで、多くの保険業者の保険商品をあつかうファイナンシャルプランナーに相談するのがおススメです。

 

FPは多くの保険商品を扱っている為、保険会社の営業マンより保険商品の知識の幅は広く、
また、相談者に合わせた保険プランを組み合わせる事を専門に行っています。

 

相談は無料で行えるので保険の節約を真剣に考えているのであれば、FPに相談するほうが断然お得です!

 

保険節約のポイント節約のコツ!保険のプロであるFPに無料相談するのが断然お得!

 

無料相談中に、保険商品をしつこく勧める事もないです。もし、そのような行為が行われた場合、イエローカード制度を設けているのが一般的です。FPを抱える企業にイエローカードを提示すると、そのFPにペナルティが課せられます。なので安心して、保険の事を相談できるわけです。

 

絶対に保険を節約したいのであればFPへ無料相談を!

 

▼生命保険を見直して節約する方法を解説しているサイト
保険を見直して節約する